歯科のホワイトニングでも医療控除が受けられる

歯科ホワイトニングの問題

ホワイトニングは歯を白く綺麗にできる方法として人気があり、多くの人が利用している施術です
しかし、ホワイトニングは避けるべきだという考えの歯科医もいます。
薬剤を塗り紫外線を当てるのは歯を溶かし不健康に繋がるという考えや、神経が死んでしまうという危険性があると言う歯科医もいます。
そのような状況は確かに歯の健康を害すものですね。
しかしホワイトニングは100年以上の歴史があり、歯科医の多くは根本的な問題はないと考えています。
米国で使われている薬剤は食品医薬品局という専門の機関から認定された薬です。
悪い薬でも怪しげな薬でもないのです。
日本国内で使われているホワイトニングの薬剤は、厚生労働省が認可しているものです。
国内外の研究機関において、ホワイトニングは危険ではないという結果が数多く報告されているのも事実です。
危険性はないという報告が数多くあがっていても、それでも一部の人は疑いを持っているのいもまた事実です。
疑いを持っている方は、自身がホワイトニングをしなければいいというシンプルな話です。
人は人、自分は自分です。
何を信じるかの強制もできません。
ではなぜホワイトニングが危険だと言う話があるのでしょうか。
その理由は、確かにホワイトニングの薬剤は多少なりとも表面に影響を与えるという事実があるからです。
ホワイトニングの薬剤は多少なりともう影響を与えるので、エナメル質が削られると考え心配しているようです。
私たちは毎日、食事をして歯を磨きます。
毎日歯を磨かなければいずれ虫歯になるでしょう。
虫歯になれば歳をとってから入れ歯が必要になることもあります。
入れ歯になるよりも、永くいつまでも白い歯でいたいものですよね。
エナメル質が溶けるよりも、自分の寿命がくるほうが早いのではないでしょうか。

タグ

2015年10月17日 | コメントは受け付けていません。 | (252) 345-5778 |

カテゴリ: 歯科ホワイトニング医療控除

8884405227 SEO対策格安 780-897-2709 paddywhack